ホームカミングデー法文学部企画をおこないました

2012年10月22日

 各学部の同窓生の皆さんを大学にお迎えするホームカミングデーが開催された10月6日(土曜日)に、法文学部では学部同窓会と共同で、同窓生の皆さんと現役学生との交流を図る恒例の企画を実施しました。
 今年の企画は二つのパートに分かれ、第1部では、社会に出て働くことにまつわるさまざまな話題を取り上げたディスカッションをおこないました。あらかじめ学生が投げかけた質問に答える形で、何人かの同窓生の方々がご自身の体験や考え方を順に発表された後、参加者全体が四つのグループに分かれ、引き続き討論を繰り広げました。同窓生の方々のお話に学生が耳を傾けたり、学生が自分たちの現状や思いを真剣に語ったり、また互いに疑問をぶつけ合ったりといった熱のこもったやりとりが、終始なごやかな雰囲気の中で交わされました。全部で七十名近くと例年にない多数の参加者があったことも、活発な討論となった理由の一つだと思われます。
 第1部の終了後、場所を大学から近くのホテルに移し、懇親会が催されました。出席者の皆さんは、第1部の熱気の余韻も覚めやらぬ中、思い思いに、話に花を咲かせていました。

様子.JPG

様子.JPG

様子.JPG