法文学部主催「内定者報告会」が開催されました

2012年11月7日

 121日より現3年生を対象とした就職活動がスタートします。今回の内定者報告会は、本格的なスタートを前に先輩たちの蓄積したノウハウや心構えなどを後輩たちに伝えるために行われました。報告してくれたのは民間企業3名、公務員1名の計4名の先輩たちでしたが、一人一人が内定をえるまでのプロセスについて、自ら経験したスケジュールをたどりながら具体的に準備内容を説明してくれたため、後輩たちにとってはとてもイメージしやすい報告会でした。特にエントリーシート対策や面接対策では、仲間やOBOGをはじめキャリアセンターなどの外部の目からの評価を有効活用し、内容をブラッシュアップする(磨き上げる)ことの重要性など、経験者だからこその話なども聞くことができました。また、講師の方からは、就職活動時期が10月から12月へ2ヶ月ずれたことで企業研究が不十分な学生が目立つなどの企業側の評価も紹介され、早めに準備に取りかかることと、スケジュール感を持って活動に望む必要性などが強調されました。最後に先輩たちからは、就職活動は辛いこともありますが、それ以上に自分を成長させてくれる貴重な機会なので、是非チャンスを有効に活かして欲しいとエールが送られました。法文学部就職委員会では今後も数々の就職企画を行いますので学生の皆さんの積極的な参加を期待しています。

HP1.JPG     yousu 2.JPG