平成24年度中四国経済ゼミナール討論会に参加しました

2012年11月26日

 中四国ブロック経済ゼミナール討論会が、1118日香川大学で行われました。参加したのは、愛媛大学、香川大学、高知大学、島根大学、松山大学の5大学から合計17ゼミナール、学生数にしておよそ150人が参加して、各ゼミが作成した論文をもとに、活発な討論が行われました。島根大学からは、環境経済論(上園ゼミ)、経済政策論(飯野ゼミ)、財政学(関ゼミ)の3つが参加し、他校の学生と研究成果を競い合いました。都市部の大学と異なりなかなか他大学の学生との交流や他校の教員から指導を受けることが難しい中四国の学生達にとって、こうした討論会はまたとない他流試合となりました。参加した学生達からは「自分たちが気づかなかった視点を学ぶことができた」「他大学の発表の仕方がとても勉強になった」「コメンテーターの先生の鋭い質問にうまく答えられず悔しかった」などの感想が聞かれ、今回の討論会が決してゴールではなく、通過点に過ぎないこと、そして他人との議論が自らの成長に不可欠であることなどを感じたようでした。来年は山口大学で再会することを誓い合いハードな日程を終えました。

 写真1.JPG  写真5.JPG

写真2.JPG  写真6.JPG

写真3.JPG  写真7.JPG

写真4.JPG