「ポリレンジャー」第8回マニフェスト大賞で最優秀賞を受賞

2013年11月19日

  島根大学の学生団体「ポリレンジャー~若者の手で政治をよくし隊!~」(顧問:法文学部法経学科毎熊浩一准教授)が、第8回マニフェスト大賞における市民部門で、最優秀賞を獲得しました。
  マニフェスト大賞は、地方自治体の首長、議員や地域主権を支える市民の活動実績を表彰することで、地方政治で地道な活動を積む人々に名誉を与え、更なる政策提言意欲の向上を図ろうと、行われているものです。
  今回のポリレンジャーの取り組みは、松江市長のマニフェストを検証。SNS等を活用した施策についての検証、バックデータの収集、市長との公開討論会の開催(ネット中継あり)など通じて、市民と行政とが地域課題を共有するという、学生の行動力を活かした取り組みが評価された結果でした。
  若者の政治離れが叫ばれて久しい今日この頃ではありますが、新たな政治参加の形態を模索するポリレジャーの取り組みは、これからも注目を集めそうです。

  詳しくは http://www.manifestoawards.jp/award/ を参照。

 写真1 写真2
1)発表会の様子               2)審査委員長 北川正恭 早大教授と

お問い合わせ

法文学部
電話:0852-32-6113