野田哲夫教授(情報経済論)が国際学会ICTO2018において表彰されました

2018年4月5日

 

 法文学部・野田哲夫教授(情報経済論)がパリで開催された国際学会 ICTO2018: Information and Communication Technologies in Organizations and Society  において、学会の組織運営、オープンデータの経済効果を分析した若手研究者と共同研究発表及び学会を通しての総括報告等の貢献が認められて”Distinguished Career Achievement”として表彰されました。
研究発表は "ICT for a better life and a better world", Springer に掲載される予定です。

Akio Yoshida, Tetsuo Noda, and Masami Honda, 'Regional Binding in Information networks of Open Data promotion in Local Governments of Japan'
Run Duan and Tetsuo Noda, 'The Classification and Potential of Business Archetypes by Using Open Data

(学会URL)
ICTO2018: Information and Communication Technologies in Organizations and Society
http://icto2018.webs.com/

  

     
                         撮影  吉田暁生氏(共同発表者)

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

法文学部
電話:0852-32-6113