山陰研究センターシンポジウム「『地方創生』再考―島根のこれからを考えるための新たな視点」を開催します

2018年4月27日

山陰研究センターでは、シンポジウム「『地方創生』再考―島根のこれからを考えるための新たな視点」を開催します。 

人口減少への歯止めを基本とした「地方創生」が語られ、地方自治体の政策もすすめられてきました。

あらためて実際の生活感覚や地域住民の目線から捉えたとき、「人口減少対策」「地方創生」や「地域活性化策」はどのように映るのでしょうか。地域住民のふだんの生活感覚や地域再生に取り組む方々の経験に寄り添いながら、地域再生にむけて念頭におくべき論点を探ります。

 

シンポジウム「『地方創生』再考―島根のこれからを考えるための新たな視点」

■開催日時:2018(平成30)年6月30日(土) 13時30分~16時00分

■会  場:島根大学(松江キャンパス) 大学会館3階大集会室

       (〒690-8504 島根県松江市西川津町1060)

■主  催:島根大学法文学部山陰研究センター

 

詳細については、山陰研究センターブログをご覧ください。
http://san-inrc.blog.jp/archives/75369870.html

お問い合わせ

法文学部
電話:0852-32-6113