文化の創造と理解について

 「文化の創造と理解」(略して「文化」)は言語文化学科のなかでもユニークな存在です。名前が独特であると同時に、この分野に重点を置く学生たちには個性的なひとが多くいます。
 言語文化学科の他の二分野「日本・東アジア」と「英米ヨーロッパ」は、基本的に地域を基盤にしています。それに対して、「文化の創造と理解」分野は地域を超えて共通するさまざまな問題を扱うところです。
 この分野では、哲学・芸術学・文化交流論という三つの専門領域をとおして、豊かな表現力と独創的な発想力、そして精緻な読解力を養います。また、国や時代の枠を超えた幅広い文化活動について、専門的な知識を身につけます。