【英米・ヨーロッパ言語文化分野】島根で外国語を学ぶ?

 さまざまな授業での学びをとおして、各言語圏の文化を深く理解するとともに、実用的な語学力も伸ばしていきます。留学生も参加してともに学びあう授業、外国語教育センターの上級クラスなどもあり、ネイティブ話者と実際にやりとりをしながら学ぶことができます。
 また、島根大学を訪れる留学生・語学研修生との交流イベントが数多くあるので、国際交流に関心の高い学生は積極的に参加し、さまざまな国籍の留学生と友情を深めています。

どんな授業があるの?

 分野で開講している授業については、こちらをご覧下さい。

一例紹介
 フランス言語文化研究室では、フランス人教員と日本人教員とのティーム・ティーチングによる「日仏文化比較講義」を開講しています。この授業にはフランスからの留学生も参加し、日本人の学生とともに日仏の文化の違いや、言語表現の違いなどを一緒に学んでいます。

さらに語学力を磨きたい! という人は、外国語教育センターでさまざまな授業を受講することができます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

どんな国際交流があるの?

大学・学部による留学生との交流会が毎年行われ、分野の学生が多数参加しています。
2012年度の交流会の様子(島根大学国際交流センターのホームページへ)
法文学部留学生交流会の様子

法文学部留学生交流会の一コマ
法文学部留学生交流会の一コマ:授業以外でも外国語を楽しく実践的に使ってみましょう!

 国際交流課が企画する留学生の研修旅行に支援員として参加し、交流を深めることができます。その他のイベントも随時企画されています。

 大学に在籍する外国人留学生のために「チューター制度」が設けられています。留学生一人につき一人の学生がチューターとして大学での勉強や日常生活の相談に乗り、日本での留学生活がより充実したものになるよう支援するシステムです。チューターになると留学生と日常的に交流する機会が増えるので、学んだ外国語を実践的に使い、お互いの国の文化を直接伝え合うことができます。

 交流協定校(アーカンソー大学、フロリダ大学)の学生が語学研修で来日した時には、日本人学生も一緒に酒蔵めぐり、和菓子作り体験などをしています。英語と日本語を交えて山陰の文化を紹介します。仲良くなった研修生を自宅に招待してパーティ! ・・・という学生も多いようです。

国際交流の様子1

国際交流の様子2国際交流の様子3

国際交流の様子4国際交流の様子5