浜田 幸絵

浜田 幸絵(ハマダ サチエ) HAMADA Sachie

  • 准教授
  • 言語文化学科 哲学・芸術・文化交流研究室(2017年度以降)/文化の創造と理解分野

主な研究テーマ

 近代日本のオリンピックについて研究をしています。これまでは戦前期を主に研究対象としてきましたが、最近は、1964年東京オリンピックに関する研究も始めています。戦前期の女子スポーツとメディアに関する研究も行っています。

担当講義

文化交流論概論、文化交流論講義IV、文化交流論講義V

 

受験生へのメッセージ

 私の授業では、異文化コミュニケーションの勉強をしますが、皆さんにとって「異文化」とは、どのような文化のことでしょうか。そもそも、「文化」とは、何なのでしょうか。
 大学での勉強は、答えが簡単には見つからないことがほとんどです。それは、辛くもあるけど、柔軟な発想で物事を考えることのできる人間へと成長していく第一歩だと思います。

 
 

自己紹介

 誰もが知るイベントや有名人も、それを伝えるメディアがなければ、私たちはその存在を知らずに生活しているはずです。私たちが今知っていることの多く――世界の遠く離れた場所での出来事やそこで生きる人びと――は、メディアを介して形成された「イメージ」にすぎません。「イメージ」は、「現実」とは違うものですが、「イメージ」に基づく私たちの行動は、「現実」に跳ね返ってきます。この点が、コミュニケーションを勉強する面白さだと思います。
 私自身は、今のところ、専ら、オリンピックやスポーツを題材に、マスメディアの介在するコミュニケーションを研究していますが、授業では、皆さんの身近なところにある出来事や現象(観光や博覧会、外国人イメージや人種観、対面やインターネットを使ったコミュニケーションなど)を取り上げています。皆さんの感性や考え方に触れることで、私も、多くのことを学んでいます。

 

連絡先

詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ