伊集院 敬行

伊集院 敬行(イジュウイン タカユキ) IJUIN Takayuki

伊集院准教授の写真

  • 准教授
  • 言語文化学科 哲学・芸術・文化交流研究室(2017年度以降)/文化の創造と理解分野
  • 大学院 言語・社会文化専攻 言語文化コース

主な研究テーマ

映像メディア論、デザイン論
 特に映像や機械という科学的・合理的なはずのものが、一転して「無気味なもの」になることに興味があります。

担当講義

現代芸術の世界、現代芸術の思想、芸術学概論、芸術学講義、芸術学応用講義、芸術学基礎演習、芸術学応用演習I・II

 

受験生へのメッセージ

 すでに芸術(ここには大衆文化における造形表現も含みます)が好きな方へ。これについて語ることを楽しんでみませんか。また、まだ芸術に関心のない方へ。芸術を好きになる方法を教えることはできませんが、私の授業がそのきっかけになればと願っています。

 
 

自己紹介

 機械、とりわけ映像技術が私たちにどのような変化をもたらしたのかについて関心があります。そのために、映像技術を全体的に考えるだけでなく、個々の作品の分析を通しても、この問いを問うていこうと思っています。今関心があるのは、精神分析理論を応用した映画理論です。作品を精神分析を用いて分析するのはもちろん、映画というシステム全体と精神分析の技法との類似性についても考えています。

 

連絡先

E-mail:ijuin@soc.shimane-u.ac.jp
詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ