嘉村 雄司

嘉村 雄司(カムラ ユウジ) KAMURA Yuji

 

  • 准教授
  • 法経学科
  • 大学院 法経専攻 法政コース

主な研究テーマ

 金融イノベーションが企業法制に与える影響を研究しています。具体的には、デリバティブのポジションが株主や債権者の権利行使方法にどのような影響を与えるか、それらを規制すべきか、規制すべきとしたらどのような方法によるべきか等の研究を行っています。

担当講義

企業法Ⅰ~Ⅲ(専門科目の授業。Ⅰは2年生、Ⅱ・Ⅲは3年生対象)、企業と法(教養科目の授業)、入門演習(1年のゼミ。隔年)、基礎演習(2年のゼミ。隔年)、専門演習Ⅰ・Ⅱ(3・4年のゼミ)、企業法特殊講義ⅠA・ⅠB(隔年)、企業法特殊講義ⅡA・ⅡB(隔年)、企業法演習

 

受験生へのメッセージ

 法律はとっつきにくい学問分野と思われがちです。しかし、実は、日常に存在する問題の多くは法律と関係しており、法律問題は身近な存在なのです。柔軟な思考をもつ皆さんとともに、このような問題に対する解法を検討する機会が持てることを、楽しみにしています。

 
 

自己紹介

 生まれてからずっと福岡に住んでいました。2010年から島根大学法文学部に勤務しています。こっちに来てからは家の近くをお散歩したり、週末に美味しいお店を探索したりするのにハマっています。松江のゆっくりとしたおちついた雰囲気が好きです。みなさんにもきっと気に入ってもらえると思いますよ。

 

連絡先

E-mail:kamura■soc.shimane-u.ac.jp(■を@に置き換えてください)
詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ