片岡 佳美

片岡 佳美(カタオカ ヨシミ) KATAOKA Yoshimi

  • 教授
  • 社会文化学科 現代社会コース
  • 大学院 言語・社会文化専攻 社会文化コース

主な研究テーマ

 家族社会学。現代社会における家族について、社会学的な視点から調査研究を行なっています。家族は今日、義務というよりは個人の選択によるライフスタイルとして語られる傾向がありますが、そのことが人びとにとってどんな意味を持っているのか、そのことがもたらす課題とは何か。そんなことを研究しています。

担当講義

社会学研究D(家族社会学)、基礎社会学II、社会学概論I・II、社会学応用研究B、社会学講読、社会学実習

 

受験生へのメッセージ

 悩みや問題にぶつかったら、そこから距離を大きく取って眺め直してみよう。もしかすると悩んでいることが滑稽に思えたり、あるいはそれが私だけでなくこの社会にいる人たち全員に関係する問題であると気づいたりするかもしれません。問題の解決策まで示すことができたらすごいけど、自分の出来事を社会全体に位置づけることで、自分がこの社会に「生きている」ということをあらためて強く認識するということの意義は大きいです。社会学を通して、そんな体験をしてみませんか。

 
 

自己紹介

 家に帰ると、小学生の子どもの母親です。家族の研究をしていますが、実際の親子の生活は、本当に想定外のことだらけです。それがまたいいのだ、と言えるほどの余裕を持ちたいものです。

 

連絡先

詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ