野間 純平

野間 純平(ノマ ジュンペイ) NOMA Jumpei

  • 講師
  • 言語文化学科 日本言語文化研究室(2017年度以降)/日本・東アジア 言語文化分野

主な研究テーマ

現代日本語・方言の文法記述

特に「~んだ」「~んです」のような「ノダ文」と呼ばれる表現をはじめとする文末表現に注目し、それがどのような特徴を持っているのか、どのように変化しているのかということに興味を持っています。

担当講義

日本語学概論、日本語方言論講義、日本語文法論講義、日本語学演習III・IV、日本語の表現

 

受験生へのメッセージ

  一口に「日本語」と言っても、地域によって、性別によって、年齢によって、あるいは場面によって少しずつ違い、そこには多様な「日本語」が含まれます。大学には様々な背景を持った人が集まるため、自分の知らない地域の方言や、留学生の話す日本語など、より多様な日本語に触れることになります。そういった様々な日本語に触れ、考えることで、多様なものの見方・考え方を知ることができ、自分の世界が広がります。その第一歩として、まずは自分の話すことばについて一緒に考えてみませんか。

 
 

自己紹介

 生まれてから長らく住んだ大阪を離れ、島根にやってまいりました。松江の町も大学内も、大阪よりものんびりしていて、とてもすごしやすいです。

 研究は、方言の文法研究が専門で、自分の方言についてあれこれ考えたり、調査に出かけたりしています。方言調査は大変なことも多く、簡単なことではありませんが、行くたびに多くの発見があり、楽しいものです。授業では、こういった調査についてお話ししたり、実践したりということもやっています。

 

連絡先

E-mail:jp-nom@soc.shimane-u.ac.jp