及川 穣

及川 穣(オヨカワ ミノル) OYOKAWA Minoru

及川准教授の写真

  • 准教授
  • 社会文化学科 歴史と考古コース
  • 大学院 言語・社会文化専攻 社会文化コース

主な研究テーマ

  1. 日本列島における石器時代史の研究:黒耀石原産地の開発行動に着目して、旧石器から縄文さらに弥生時代まで続く石器作りの技術を見直し、再構成したいと考える。
  2. 考古学史の研究:黎明期である明治・大正時代の考古学、人類学の研究動向と当時の社会情勢について調べている。特に坪井正五郎氏や野中完一氏、蒔田鎗次郎氏、二条家銅駝坊陳列館の活動について着目している。
  3. 考古資料のデジタル3次元計測とその映像化:「観たことを言葉にする」ための方法を考えている。どんな情報を得て何を表現し伝えるのか、足元を見据えるため取組んでいる。

担当講義

考古学演習Ⅰ、考古学演習Ⅱ、考古学演習Ⅲ、考古学実習Ⅰ、考古学実習Ⅱ、考古学技術実習Ⅰ、考古学技術実習Ⅱ、考古学特論A、人類史と考古学、歴史と考古総合セミナー、考古学演習、考古学特別実習、特殊講義Ⅰ、特別演習Ⅰ

 

受験生へのメッセージ

 考古学は、資料の徹底的な分析と歴史研究からなるフィールド・サイエンスと言えます。自動車に例えるなら、この2種の両輪があってはじめて動くことになります。
 発掘調査や遺物整理、文献収集にと身体も頭も使う忙しい学問ですが、遺跡や遺物の発見の感動は忘れられません。土の中から姿を覗かせる瞬間の石器や土器の美しさ、島根大学で一緒に味わいましょう。そして、過去を見据えるための新しい形のバックミラーを一人ひとり、創りましょう。

 
 

自己紹介

 千葉県市原市生まれ。軒並みですが、映画やテレビドラマの影響で考古学に興味を持ち、現在に至っています。
 趣味はドライブ、フットサル。

 

連絡先

E-mail:m_oyokawa4120@soc.shimane-u.ac.jp
詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ