授業公開意見交換会が行われました

2012年12月25日

 世間では意外と知られてないことですが、高校までの先生と異なり、大学の教員はいわゆる「教員免許」を持っていない人もいます。教育に携わりつつも研究という側面が強く要請させてきたということが背景にあるのかもしれません。しかし、大学進学率が高まる中で、教育に力点を置くことが社会的にも要請されています。法文学部教育委員会では、教員の講義を公開し、事後にそれぞれの講義のよかった点や改善点などを話し合い、よりわかりやすい講義の進め方や質の保証について検討を重ねています。学生の主体的な学びを導き出すようにこれからも講義の改善に取り組んでいきます。

1.JPG 2.JPG

3.JPG