宮澤 文雄

宮澤 文雄(ミヤザワ フミオ) MIYAZAWA Fumio

  • 講師
  • 言語文化学科 英米言語文化研究室(2017年度以降)/英米・ヨーロッパ言語文化分野

主な研究テーマ

 自然主義作家セオドア・ドライサーを軸に据えて、19-20世紀のアメリカ小説を研究しています。

担当講義

アメリカ文学基礎演習II、アメリカ文学応用演習I、アメリカ短篇小説を読む、日米文化比較講義I、日米文化比較応用演習II

 

受験生へのメッセージ

 私にはかつて空腹時代と言っていい、打ち込むものを見失った迷走期がありました。そのとき出会ったのが英米文学です。さまざまな作品を読み学び何度も感動を味わうことで、飢えが満たされていくのを感じました。それだけではありません。不思議なことに、満たされて初めて知りえる新たな空腹感をおぼえてしまい、やみつきになりました。どうやらそれは「文学」でしか満せないのです。そうしてむさぼり続けた結果が現在の自分であり、好物ばかりを食べた偏食にすぎません。しかし偏食だからこそ、その味については人より詳しくなりました。そう、みなさんにも同じように「学問」でしか満たせない空腹感があります。自分の好物を発見したい方、好物についてもっと知りたい方、ぜひ島根大学にお越しください。何が美味しいのかは人の感想よりも自分の舌で知るのが一番です。本学であれこれ食べ比べし、自分の好物について語れる人になりましょう。

 
 

自己紹介

 もともとドライサーの小説研究をしていたのですが、島大に来てから「日米文化比較」という授業を担当するようになり、その関係から最近では日系アメリカ人作家の作品も読むようになりました。新しい場所はいつも「未知なるもの」を提供してくれます。自分が大きくなるわけでも賢くなるわけでもありませんが、表通りから路地裏に入るときに似た冒険心をこうした想定外はかき立ててくれるので、楽しく取り組んでいます。

連絡先

miyazawa@soc.shimane-u.ac.jp