山崎 泰孝

山崎 泰孝(ヤマサキ ヤスタカ) YAMASAKI Yasutaka

  • 准教授
  • 言語文化学科 ドイツ言語文化研究室(2017年度以降)/英米・ヨーロッパ言語文化分野
  • 大学院 言語・社会文化専攻 言語文化コース

主な研究テーマ

 世紀転換期におけるドイツ語圏の文学と思想

担当講義

 ドイツ文化応用演習IIIIIIIV、現代ドイツ語基礎演習III、日独文化比較講義III

 

受験生へのメッセージ

 この春から何か新しいことを始めたい、と考えているなら、ドイツ語はどうでしょうか?新しい外国語なんて難しいと思うかもしれませんが、ドイツ語の場合、読み方は単純です。いくつか規則があり、それに従えば、あとはローマ字っぽく読めばなんとなく読めます(例えば、「名前」を表すNameは「ナーメ」です)。ただ、ドイツ語には名詞と動詞にかかわる少々面倒な変化があるのですが、これに対しては、変化の基本となるパターンを覚えておけば十分対応できます。基礎をしっかり押さえておけば、ドイツ語は理解しやすい言語なのです。 そして、ドイツ語を学びはじめて、もっとドイツ語やドイツ文化のことを知りたいと感じたなら、ぜひ私の授業に来てください。ドイツ語を通して広がる世界を皆さんに紹介したいと思います。

 
 

自己紹介

 リルケやホフマンスタールといった1900年前後のドイツ語圏の作家を研究対象としています。その際、詩的な表現が生み出すイメージを分析し、そのイメージが作品全体の中でどのような意味を担っているのか、こうしたことに関心を持っています。

 

連絡先

電話:0852-32-9723
E-mail:yyasuta@soc.shimane-u.ac.jp
詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ