【プレゲート講座】「県内企業向けインターンシップセミナー」開催しました!

2018年7月5日

 74日、法文学部棟2F多目的室1にて、「県内企業向けインターンシップセミナー」を開催しました。今回はふるさと島根定住財団 宮廻政史様を講師にお招きし、インターンシップとは何か、県内企業にインターンシップに行くメリット、インターンシップに必要な準備、などについてお話しいただきました。
 まずはインターンシップに行く目的とメリットについて前年度参加者の生の声をもとにご紹介いただき、続いて受け入れ企業が学生のどこに注目しているか、島根大学の学生をどう見ているかご教示いただきました。
 また、今年の島根県の雇用情勢をご紹介いただき、大学生・大学院生向けの求人が急増しているため、ある種“売り手市場”の状況を呈しているが、採用選考の基準はあくまでも下げておらず、就職活動にはやはり事前の準備が必要であるとお話し頂きました。
 そしてインターンシップの行き先として、県内企業の情報の探し方について懇切丁寧にご指導いただき、前提として自己分析と職業理解が大切であることをご教示いただきました。
 あいにくの天気のため、参加者は14名と少なめでしたが、講師との距離も近く、学生の積極的な発言も見られ、関心の高まりを感じることができた企画となりました。
 なお本企画は、2017年度からスタートした法文学部独自のキャリア支援プログラムである「キャリアゲート制」の一環である「プレゲート講座」に該当します。詳細はhttp://www.hobun.shimane-u.ac.jp/carrier-gate/ をご参照ください。

   

 

 

    

 

 

 

   

 

 

 

お問い合わせ

法文学部
電話:0852-32-6113