野田哲夫教授(情報経済論)の研究グループが国際会議ASIA AFRICA ICT AND DEVELOPMENT SUMMITにおいて表彰されました

2018年12月5日

 

 法文学部・野田哲夫教授(情報経済論)が代表を務める研究グループ(吉田暁生 客員研究員・現インド ジャワハルラール ネルー大学、本田正美 前特任助教・現東京工業大学研究員)によるオープンデータの効果の調査研究成果が、インド・ムンバイで開催された国際会議、The 2018 ASIA AFRICA ICT AND DEVELOPMENT SUMMIT, EXPO AND AWARDS  において、アジア・アフリカ地域のICTを活用した開発や教育研究に貢献することが認められ、AWARD OF EXCELLENCEとして表彰されました。
また、国際会議では研究の中心を担った吉田研究員が、受賞者によるパネルディスカッションに参加しました。

Organization: Prof. Noda group
 Tetsuo NODA, Shimane University, Japan *Economics
 Masami HONDA, Tokyo Institute of Technology, Japan *Public Administration
 Akio YOSHIDA, Jawaharlal Nehru University, India *Social Psychology
Brief About Product: Economic effect of Open Data in Local governments was estimated.
 It encouraged the promotion of Open Data in Japan. We show difficulties to promote new technologies and the importance of harmonizing ICT with societies through our studies. Japan is regarded as a developed country. But it is developing with ICT.


■The 2018 ASIA AFRICA ICT AND DEVELOPMENT SUMMIT, EXPO AND AWARDS 

http://www.indiafrica.org/

  

  

 

 

 

お問い合わせ

法文学部
電話:0852-32-6113