キャリアゲート制本格始動!

法文学部 キャリアゲート制

 

法文学部では、4年間にわたり学生のキャリア形成を支援する学部独自のシステムである「キャリアゲート制」をスタートさせました。全学組織である大学教育センターキャリア担当とともに、みなさんのキャリア形成を全力でサポートします。

  • 1・2年 「プレゲート期間」
     自身の進路や人生について考える時期です。法文学部を卒業しさまざまな分野で活躍する先輩方の話などを聞く「キャリアプランニング」(必修科目・2年前期)を受講して“キャリアプラン・ライフプラン”を作成します。また1,2年生向けのキャリア支援に関する講座を2つ以上受講して将来に向けた基礎知識を身につけます。
  • 3・4年 「ゲート期間」
     3年生からは「企業」・「公務員」・「教員」・「司法」・「専門職」のいずれかのゲートに所属します。各ゲートにはそれぞれの特性に合わせた「ゲート講座」が用意されており、これを5講座以上受講して自身が希望する進路につくための知識と力を身につけていきます。

     

※これまでの各講座の内容と受講生の感想は、学部HPのトピック(活動報告)から見ることができます。

   キャリアゲート制1