法経学科入門演習統一プログラム「キャリアセンター講演」を実施しました

2019年1月11日

 

 法経学科1年生の必修科目「入門演習」では、201919日、本学キャリアセンター・キャリア教育部門長の丸山実子准教授をお迎えし、「キャリアセンター講演」を実施しました。本プログラムは、「入門演習」の一環として毎年実施しているものです。
 今回の講演では、「キャリアセンターの学生支援内容と法経学科の就職動向について」と題し、キャリアセンターの紹介の後、法文学部法経学科の学生の大学卒業後の進路とそれに向けた学生生活の過ごし方について、具体的で丁寧なアドバイスがなされました。
 昨春の法文学部生、さらには法経学科の学生がどのようなところに就職または進学したかが紹介され、公務員を志望する場合、民間企業への就職を志望する場合、さらには法科大学院進学を目指す場合のそれぞれについて、どのようなスケジュールになるのか、大学でどのような学習あるいはスキルアップが必要となるのか、どのようなことに注意する必要があるのか等、具体的かつ詳細なお話を聞くことができました。
 講演終了後、学生たちは、数名ずつのグループに分かれて議論をしたうえで、さらに聞きたい事柄について質問をし、丸山先生は、それに対して的確な回答をなされていました。
 教員としては、学生たちが、卒業後の進路を展望して有意義な学生生活を送ってくれるよう、希望するものです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

お問い合わせ

法文学部
電話:0852-32-6113