猿渡 壮

猿渡 壮(サルワタリ タケシ) SARUWATARI Takeshi

  • 講師
  • 社会文化学科 現代社会コース

主な研究テーマ

 投票やその他の政治活動、NPO、ボランティア活動といった、人が社会をよくするために行っている活動について研究しています。

担当講義

  社会学史、社会学研究A、社会学研究C、社会学実習、社会学演習

 

 

受験生へのメッセージ

  社会の中で人がやっていることや、社会の中で起きている現象は、実はなかなか不思議です。世の中にはお墓や戒名にこだわりのある人がいたり、海に散骨してもらうのがいいという人がいたりしますが、そんな違いがどうして生まれるのかを考えると不思議です。毎回欠かさず選挙に行く人がいる一方で、全然行かない人がいるのも不思議。ある時代に特定の傾向の歌がはやったり、少子化が進んだり、自殺をする人が増えたりするのもやっぱり不思議。そこにはきっとなんらかの理屈があるのですが、よく調べてみると、常識的な理屈で説明できないことが多いのです。
 社会学はそうした社会の不思議について考えています。興味のある方はぜひ。

 
 

自己紹介

 小説や音楽が好きです。 
 松江にはまだ来たばかりですが、とてもすてきな街です。出不精の私も「ちょっと外に出てみようかな」という気持ちになります。 

 

連絡先

E-mailt.saruwatari@soc.shimane-u.ac.jp
詳細な研究者情報は島根大学教員情報検索システムのページへ